マジンガーZ
ミケーネ帝国先遣隊・妖機械獣


妖機械獣グシオスβV
●プロフィール
・指揮官:ゴーゴン大公、あしゅら男爵
・全高:20m
・重量:210t
・装甲材質:スーパー鋼鉄
・登場作品:第68話「地獄の用心棒ゴーゴン大公」、
      第69話「空中溶解!ホバーパイルダー」
●武器&能力
・水中移動
 水中を泳いで移動できる。
・空中飛行
 空を飛び回ることができる。
・腐食光線
 両目から放つ破壊光線。
・溶解液
 口から吐く溶解液。ホバーパイルダーを溶かす威力。
・尻尾攻撃
 叩きつけ、巻き付きで敵を攻撃する。
・放電
 尻尾の先端から電撃を発射する。
 
●その他
外見・能力からモチーフは石化の魔獣バジリスクではないだろうか。
マジンガーZのコアとなるホバーパイルダーを完膚無きまでに破壊するという妖機械獣第1号にふさわしい輝かしい戦果を上げた。その功績からゲームなどへの登場も多く、妖機械獣では最もメジャーな存在。

妖機械獣ミノスΜ7
●プロフィール
・指揮官:ブロッケン伯爵
・全高:不明
・重量:不明
・装甲材質:スーパー鋼鉄
・登場作品:第70話「不死身の指揮官 兜甲児!!」
●武器&能力
・空中飛行
 鎧の腰部分をプロペラのように回転させて飛行。
・水中移動
 水中を泳いで移動できる。
・電磁波
 角から閃光と共にリング状の電磁波光線を放つ。
・ミサイル
 口からミサイルを連射。
・手裏剣
 首の後ろの角を引き抜くと手裏剣に変形する。ナイフにも使える。
・パンチ、チョップ、投げ飛ばし
 怪力による格闘攻撃。
・分身
 幻影による分身で攻撃をかわす。
パイルダーを失ったマジンガーZが出撃できない隙に光子力研究所を破壊するため、ブロッケン伯爵がゴーゴン大公から譲り受けた。怪力と分身能力を武器にする妖機械獣で、腰の鎧を回転させて飛行することもできる。
角からは電磁波を放ってパイロットを痺れさせ、口からはミサイルを連射。さらに首の後ろの角は引き抜くと手裏剣となり、数発で光子力バリアを打ち破る威力がある。
マジンガーZが出撃できないことを確認すると光子力研究所に向けて進撃。アフロダイAやボスボロットを軽く蹴散らして光子力バリアも破壊して研究所を襲撃した。しかしボロットや甲児の巧みな陽動で罠におびき寄せられ、ミサイル地雷を踏んづけて木っ端微塵に吹き飛んでしまった。
●その他
外見や名前からモチーフはミノタウロスだと思われる。
マジンガーZとは戦わず、重戦車Zの設置したミサイル地雷によって倒された妖機械獣。おかげで妖機械獣のくせに弱いとやり玉にあがる。しかしミサイル地雷は一発で機械獣を吹っ飛ばす威力があるらしいので、ミノスΜ7が特別弱いというのは言い過ぎではないだろうか。防御力は少々頼りないようだが。
マジンガーと戦っていないので、強さの目安がないのが残念である。

妖機械獣ユニコーン狽Q
●プロフィール
・指揮官:ゴーゴン大公
・全高:不明
・重量:不明
・装甲材質:スーパー鋼鉄
・登場作品:第71話「危機突破!!新パイルダーGO!!」
●武器&能力
・空中飛行
 翼とジェット噴射で空を飛び回ることができる。
・一角頭突き
 頭部の一本角による突き刺し。
・破壊光線
 頭部の一本角から放つ稲妻状の光線。
・3連リング光線
 首から放つ光線。ミサイルの軌道を狂わせる。ショック光線にもなる。
 
●その他
名前や外見から考えてもモチーフはユニコーンだろう。
妖機械獣にしては見劣りする強さで、光子力ビームであっさり片手を失い、ジェットパイルダーに翻弄されてあろうことか飛行能力を破壊されている。これはさすがに頼りない。

妖機械獣アポロンΑ1
●プロフィール
・指揮官:ゴーゴン大公、ブロッケン伯爵
・全高:不明
・重量:不明
・装甲材質:スーパー鋼鉄
・登場作品:第72話「必殺!!大車輪ロケットパンチ」
●武器&能力
・全身の炎
 あらゆる攻撃を無効化する。
・炎の風
 全身から発生させる高熱の熱風。敵を火だるまにする。
・火球
 口から放つ火の玉。
・火の玉変身
 炎を纏って火の玉になる。
 
●その他
名前や能力から考えてもモチーフは太陽の神ともされるアポロンだろう。

妖機械獣ケントールγ7
●プロフィール
・指揮官:ゴーゴン大公
・全高:不明
・重量:不明
・装甲材質:スーパー鋼鉄
・登場作品:第73話「誘拐されたマジンガーZ」
●武器&能力
・空中飛行
 空を走り回るように飛び回ることができる。
・磁気嵐
 頭部の3本角から放つ磁気嵐。機械を狂わせる。
・槍
 右手に持つ槍。しかしマジンガーのボディに傷一つ負わせられなかった。
・槍投げ
 槍を投げつける技。ブレストファイヤーで溶かされた。
・盾
 左手に持つ盾。ドリルミサイルをはじき返した。
・バックキック
 下半身の蹄による蹴り。
ゴーゴン大公が使者のブロッケン伯爵に、一時的に部下になることを条件に出撃させた妖機械獣。
馬型のボディに人型の上半身という半人半馬のスタイルをしている。武器は手にした槍と盾で、さらに頭部の三本角から放つ光線を1つにあわせることで強力な磁気嵐を発生させる能力を持つ。
ゴーゴン大公の指揮でマジンガーZの力量を確かめた後は撤退し、パイルダーがない隙にグールに捕らえたマジンガーZにとどめを刺そうとするが、自慢の槍が全く通じなかった。
パイルダーと合体したマジンガーZと再び戦い、ルストハリケーンすら押し返す磁気嵐で苦戦させるものの、新兵器サザンクロスナイフで角を切断され、ブレストファイヤーで溶解させられた。
●その他
名前やデザインから見てもモチーフはケンタウロスだろう。
パイルダーのないマジンガーZに傷一つ与えられなかった時点で、ケントールγ7の攻撃力ではマジンガーZを倒すことは不可能である。たしかに磁気嵐は強力だが、肝心の攻撃が超合金Zに通じないのではとどめを刺すことができない。ゴーゴン大公も少々相手を甘く見すぎであろう。

妖機械獣パルピアπ7
●プロフィール
・指揮官:ゴーゴン大公
・全高:不明
・重量:不明
・装甲材質:スーパー鋼鉄
・登場作品:第74話「壮烈!!アフロダイAの最後!!」
●武器&能力
・空中飛行
 空を飛び回ることができる。
・ミサイル
 顔面から発射するミサイル。
・羽根爆弾
 翼から放つ羽根手裏剣型爆弾。
・破壊光線
 胸から放つ桃色の光線。羽根爆弾を起爆させる。
・ショック光線
 目から放つ桃色の光線。標的を感電させる。
・キャッチ光線
 足から放つ電撃状の光線。物体を吸い寄せて捕らえる。
・クロー
 足の爪。アフロダイAの頭部を破壊した。
 
●その他
名前やデザインから考えてもモチーフは半人半鳥の怪物ハーピー(ハルピュイア)だろう。

妖機械獣サーペンターΙ6
●プロフィール
・指揮官:ゴーゴン大公
・全高:不明
・重量:不明
・装甲材質:スーパー鋼鉄
・登場作品:第75話「決死の攻撃!ゴーゴン機械獣」
●武器&能力
・伸縮自在の首、舌先
 首や舌は伸び縮みして敵に巻き付く。
・吸い込み
 口でなんでも吸い込んでしまう。ボロットすら飲み込もうとした。
・ロケットパンチつぶし
 ロケットパンチを飲み込んで固めて使い物にならなくする。
・剣
 腰に下げた西洋剣。威力が高く、なかなかの剣さばきを誇る。
・光線・熱線斬り
 光子力ビーム、ルストハリケーン、ブレストファイヤーを切り裂いて防ぐ。
 
●その他
名前や頭部デザインは蛇を思い起こさせるのだがモチーフはよくわからない。ミケーネ製ということでギリシャ神話からつながりを考えるとへびつかい座か、うみへび座が思い当たるが・・・。
どう考えてもサーペンターΙ6の最大の敗因は、ゴーゴン大公がマジンガーZもろともサーペンターΙ6を吹っ飛ばしてしまったことではないかと思われる。剣をボスボロットに奪われてボロットに倒されたというのも珍しい。

妖機械獣ドラゴ
●プロフィール
・指揮官:あしゅら男爵
・全高:不明
・重量:不明
・装甲材質:スーパー鋼鉄
・登場作品:第76話「世紀の恋人ダイアナンA!」
●武器&能力
・水中移動
 水中を泳いで移動できる。
・空中飛行
 空を飛び回ることができる。
・怪光線
 口から吐く破壊光線。
・巻き付き
 長い胴体を敵に巻き付けて締め上げる。
・尻尾攻撃
 三又の尻尾。締め付けたり叩きつけて威力を発揮する。
・放電
 締め付けた敵に電流を流す。
・噛み付き
 鋭い牙による噛み付き攻撃。
・頭部分離
 自在に頭部を切り離し、やられたフリをしたり単独で攻撃できる。
 
●その他
どう見てもモチーフは東洋竜である。ギリシャ神話でりゅう座はラドンのことだが、ラドンがモチーフであろうか?
機械獣独自の記号部分はオメガ(Ω)を逆さまにしたオリジナル文字「ガメオ()」が使われている。
(読み方もオメガの逆でガメオと読む)。これはこの機械獣だけの文字で、他にこのような例はない。
パソコンでもゲームでも当然打ち込むことができないので、カタカナで表記されるか画像で対処されている。

地下帝国TOP

(C)1972〜1974 ダイナミック企画/東映アニメーション